一枚のチラシの可能性

江戸時代のかわら版が起源とされるチラシ。私たちはチラシを「広告の原点」と捉え、マーケティングの出発点と考えます。チラシは我が国最古のメディアのひとつです。電子化が進み、多くの印刷物が消滅してもチラシ広告は衰えません。それは「チラシをつくってご近所にまく」という原始的な広告手法が、商売の原点としていつの世も不変のものだからです。

チラシには、その商品内容と売り手側の思いが必ず記されており、マーケティングに必要な基本情報の全てがあります。チラシを知ることは、商品を知る、ビジネスを知ることに繋がります。メディアの形が多様でも、伝えたい本質は何も変わりません。1枚のチラシをマーケットに放った瞬間、全ての可能性が開けます。

もっと新しいSPを、もっと驚がく的なビジネスを、そして必要不可欠な真理をマーケットは渇望しています。

 

アイデアは「忍者」から
アイデアは「忍者」から
ランチを探してアイデアが!
ランチを探してアイデアが!
少年の遊びゴコロ!
少年の遊びゴコロ!

 

個性あふれるアイディアチラシ